陶器店めぐりは楽しい!

陶器店めぐりは楽しい!

陶器店めぐりは楽しい! 食器は毎日使うものであり、何年も使えば使うほど愛着が沸いてくるものです。
陶器であればそれが職人の手作業によって生まれたものであり、わずかな模様、形の相違などから丸っきり同じものは一つとして存在しません。
更には使うほどに独特の深みが現れるため、その点も陶器の大きな魅力の一つと言えるでしょう。
このようなことから、自分だけの一点ものである陶器を探すためにお店をめぐることは、まさに宝探しをしているような気持ちにさせてくれます。
自分の足で歩き、自分自身で見つけたお気に入りのものとなると、その愛着もひとしおです。
もちろんお店を巡ったからといってすぐに自分のお気に入りと出会えるわけではありません。
だからこそ、本当にお気に入りの食器を見つけられたときは、その喜びや感動が非常に大きくなるものです。
陶器はそれを作る人によってデザイン・形が大きく異なり、特徴も様々です。
自分だけのお気に入りを探すお店めぐりは、大きなわくわく感を感じさせてくれます。

一生モノの陶器に出会えるかも!

一生モノの陶器に出会えるかも! 生活に必要なだけではなく、芸術品として一生モノになるかもしれないのが陶器です。
一言で陶器といっても様々な形、様々な作家の作品がありますので、自分だけの宝物を探すためには陶器市などに足を運ぶことがおすすめです。
作家が直接解説してくれるようなイベントもありますから、焼き物で有名な町へ旅行に行くときなどはイベントごとをチェックしてから行くのも良いでしょう。
手にいれた陶器はしっかりと手入れをすることで一生モノになります。
まずは使用する前に、器の底を確認することが大切です。
土の性質上、ざらざらとしているものもありますから、テーブルに傷をつけたくない、という方はまずは耐水ペーパーで磨きましょう。
次に必ずすべきなのは煮沸です。これをすることでシミや汚れの原因を作らないようにすることができます。
釉薬のヒビに米ぬかの油分が入る混むので目を締め、その結果、煮汁や油の染み込みを防いでくれるのです。
煮沸後は自然に冷まして丁寧に水洗いをし、よく乾かしてから使いましょう。